インバウンドニュースを毎日更新
訪日ビジネス資料を無料ダウンロード

街中の多言語対応を超カンタンに!OMOTENASHI翻訳 訪日旅行者のスマートフォンを活用した、
経常費用不要、通信環境不要の多言語化ソリューション

株式会社Jプロデュース

カテゴリー
受入環境支援、その他受入環境整備
対応サービス
通信環境不要の2次元コード活用による多言語化整備
対応地域
北海道・東北、信越、関東、東海、関西、四国、中国、九州・沖縄
対象国
香港、台湾、韓国、タイ、東南アジア、中国、欧米、その他地域
費用目安
1言語翻訳、 11,000円~
おすすめ業種
飲食、ホテル・宿泊、交通、小売・流通、娯楽・エンタメ・サービス、自治体、その他
その他
弊社では翻訳業務だけでなく、ビッグデータを活用した訪日旅行者の動向調査、訪日旅行者に対するプロモーション、ほか訪日インバウンドに関する総合ソリューションを提供しております。

Uni-Voiceコードサンプル、導入事例、料金表、翻訳対応言語(全15言語)を掲載したリーフレット。
※公開の資料はPDFのため、Uni-Voiceコードサンプルは動作しずらい場合があります。プリンターの設定を高精細設定にして印刷するとうまく動作します。
サービス概要は以下の公式サイトにも掲載しております。
http://honyaku.uni-voice.co.jp/home

サービス概要

非通信環境、無料Wifi環境がない場所でも動作する!

OMOTENASHI翻訳は、通信不要で動作する二次元コード「Uni-Voiceコード生成と翻訳をセットにした通信販売です。
Uni-Voiceコードは非通信環境、無料Wifi環境がない場所でも動作します。
郊外で、通信圏外の寺社、公園の景勝地などでも、訪日旅行者の持つスマートフォンによる多言語化が可能です。
一般的なQRコードを使用する場合、コードを読み込むとサイトのURLが表示され、クリックすることで該当のサイトへ接続します。
この時、通信環境が必要となり、ローミングやSIM,ルータレンタルの訪日旅行者以外は接続することができません。またサーバ費用などランニングコストが必要です。
同様にARについても、通信環境、経常費用が必要です。
Uni-Voiceコードは初期コストのみ、ランニング費用は不要ですので単年度予算で実施できます。ユーザーが使用する際のアプリも無料、課金もありません。

こんなお悩みをお持ちの
企業様、店舗様

  • 地域内の観光案内看板の多言語化を予定しているが費用がかかる
  • 無料Wifiの市内全域への導入は困難
  • 多言語印刷物導入のコスト

サービスの特徴

  1. スマートフォンを活用した通信環境不要の多言語ソリューション
  2. ランニングコスト不要、単年度予算で導入可能
  3. 翻訳は人力翻訳、観光庁策定ガイドラインに準拠
ダミーテキスト

導入事例

札幌市時計台、京都市内文化財施設、兵庫県内酒造博物館の館内案内図、長崎県西海市市内屋外観光看板、滋賀県内有名社寺境内の案内看板、大阪府阪南市、長崎県新上五島町観光パンフレットほか自治体、企業をはじめ、多言語化ソリューションとして導入されています。導入事例は以下にも掲載しております。また、その他導入事例の紹介資料をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。
http://www.jproduce.co.jp/news/2078
http://www.jproduce.co.jp/news/2068
http://www.jproduce.co.jp/news/2034
http://www.jproduce.co.jp/works/2015

企業情報

会社名 株式会社Jプロデュース
所在地(住所) 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル6F