インバウンドニュースを毎日更新
訪日ビジネス資料を無料ダウンロード

キーマンインタビュー

モノ消費からコト消費の時代へ!業務独占が解禁される今、「通訳案内士」プラットフォームの整備が急務!?

EXest株式会社
中林 幸宏 代表取締役社長

 2017年、国会で通訳案内士制度の見直し法案が検討されています。業務独占が解禁される可能性が高まり、訪日外国人の受入環境整備の重要な改善ポイントとして注目を浴びている「通訳案内士」を中心としたプラットフォーム「WoW U」を提供するEXest株式会社中林幸宏代表取締役社長にインタビューしました。

国が目標と掲げている、「2020年に訪日外国人旅行客4000万人」を実現するために解決しないといけない課題に対して、自分は何ができるかを考えた。

-インバウンド市場に参入した理由、きっかけは?

 タイを対象としたインバウンド事業の案件に携わった際に、地方自治体の方と話す機会が多くありました。地方が抱える課題である「地方創生」「訪日外国人対応」「物産の販売」などが体系立てて語られていないことに気づき、元地方テレビ局出身の自分だからこそできることがあるのでは?と考えるようになりました。当初は地方局や地方銀行のOBの方などが持っている顕在化していない属人的な知見を活かしたスキームを作って、外国人をもてなす、シニア世代の労働力と知識を活用したシェアリングエコノミーが作れるのではないかというところから考え始めました。しかし、ビジネスモデル化、マネタイズモデルを考えていく中で、「通訳案内士」という存在を知り、通訳案内士と外国人旅行客をマッチングするwebプラットフォームという今の「WoW U」の形になりました。

 これからインバウンド市場のマーケットサイズは大きくなることは予測できましたが、国が掲げる2020年までに訪日客数を4000万人まで伸ばすという目標を達成するためには、インフラ等を含め、受入れには、まだまだ様々な課題が残っています。そこで、その課題を解決するための一旦を担いたいと考え、「Wow U」というプラットフォームを作り、この市場に参入する決断をしました。

EXest株式会社 | ソリューションイメージ

まずやるべきことは、国家資格を持つ「通訳案内士」が活躍できる場を構築すること。

-「通訳案内士プラットフォーム」の構想についてお聞かせください。

 プラットフォームを構築するに至った理由は、大きく2つあります。1つは、現状、東京、大阪、京都に外国人旅行者全体の48%の宿泊客が泊まっています。この状況のまま、国の掲げる2020年に4000万人を迎え入れる場合、宿泊施設などのインフラは、50%のキャパシティが不足するという試算をしているデータもあります。この現状でまずやらなければいけないことは、その宿泊客を地方に分散させること、旅行商材は一般的に旅行者の意思決定が早いので、普通なら、「富士山に行きたい」で意思決定しているポイントに「山梨側から富士山に行きたい」というニーズに対する情報を提供することで、多様化されたニーズ・シーズに応えることができ、訪日客を地方に分散化させることにも繋がるのでは?というのが1つ目の理由です。

 もう1つは、今年、国会で「訪日外国人旅行者の増加とニーズの多様化に対応するため、通訳案内士の業務独占規制を廃止し、名称独占のみ存続する」という法案が提出されました。しかし現状、国内にいる国家資格を有する20000人を超える通訳案内士の活用が出来ているかというと、出来ていないのが現状です。まずは、国家資格を有する通訳案内士の方が活躍できる場を整備することが優先度としては高いのではと考え、クオリティの高いサービスを提供できる通訳案内士さんと訪日外国人観光客をつなぐCtoCのマッチングサイトがあれば活躍できる場を提供できるのでは?と考えたのが2つ目の理由になります。

外国人ユーザーは、「鉄板」「オリジナル」「アクティビティ」から、行きたいツアーを選ぶことができる。

-「WoW U」の詳しいサービス内容についてお聞かせください。

 「WoW U」は、通訳案内士が魅力的なツアーを作成し、旅前や旅中に外国人がツアーを探しに訪れて、「鉄板ツアー」「オリジナルツアー」「アクティビティ」の3つの切り口から行きたいツアーを選ぶことができるプラットフォームです。また、旅後もコミュニティ上で、同じテーマや同じアクティビティを体験したユーザーと繋がって体験を共有できるのも「WoW U」の魅力の一つになっています。その他、「あなたと同じような属性の人は、こんなツアーを体験しています。」のような新しい発見をするレコメンド機能の精度の強化も進めています。

 その他の取り組みとして、「WoW U」のツアーに参加する全ての外国人旅行者(※一部例外を除く)に、安心して日本での旅行を楽しんでいただくために、東京海上日動火災保険様とのアライアンス契約を締結し、「WOW U」を利用する全ての訪日外国人旅行者を対象に加入を勧めております。自治体様や事業者様からみても、パラセイリングやサイクリングなどのアクティビティで万が一怪我をされた場合でも、外国人観光客が保険に入っていれば安心なので、積極的にアクティビティを広めていくことができるという声も頂いております。

EXest株式会社 | ソリューションイメージ

国内における「通訳案内士」の認知をあげることが急務!?

-「WoW U」の今後の展開についてお聞かせください。

 国内でも、まだ通訳案内士を知らない人の方が多いと思います。その知られていない状況下の中で、業務独占が解禁され、資格を持たない人がガイドをできるとなった場合に、価格破壊が起きると想定しています。弊社としては、業務独占が解禁されるまでの間に、通訳案内士の国内でのポジションを明確にする通訳案内士のブランディングをマスメディアを中心に活用して行っていきたいと考えています。

 また、これまでインバウンド動画の制作などに予算を使っていた地方自治体様などに、「WoW U」を利用してもらうことで、通訳案内士を活用したツアーを作成し、そのツアーがどうして売れたか、どういう属性の外国人がサイトを訪れ、どのツアーを購入したかなどのマーケティング分析や効果の可視化ができることも含めて、提案していきたいと考えています。

 現在、訪日外国人は、モノ消費からコト消費に移行していると言われています。旅行先も、旅行ニーズも多様化、分散化される中で、クオリティの高いサービスを提供できる通訳案内士のネットワーク作りと外国人観光客ニーズにマッチングする魅力的なツアーの提供は必須であり、弊社のプラットフォームを活用頂くことで、それらの課題を解決頂けたらと考えております。

EXest株式会社 | ソリューションイメージ

中林 幸宏(なかばやし ゆきひろ)
Pool&Moon株式会社 代表取締役CEO/EXest株式会社 代表取締役CEO
早稲田大学卒業。早稲田大学商学研究科ビジネス専攻(MBA)。2005年広島テレビ放送入局。2005年4月から2006年12月までスポーツ番組制作に携わる。2007年1月から2015年1月まで広告営業。2016年6月に1社目となるPool&Moon株式会社を設立。大手クライアントに対しシリコンバレーの最新ソリューションなどの提案も含め、デジタルコミュニケーションのコンサルティングとその戦略実行を行う。2016年12月に2社目となるEXest株式会社を設立し、通訳案内士と外国人旅行客のマッチングプラットフォームを運営する。(サービスサイト https://wow-u.jp/)